今人気のオンラインカジノは違法?

昨今ギャンブルの中で、かなりのプレイヤー・愛好者を集めているのが、オンラインカジノです。
オンラインカジノはインターネットを利用してプレイできるギャンブです。

海外のカジノ場のように、高画質・高音質のバーチャル空間がパソコンやスマートフォン、タブレットに広がって来るので、まさにリアリティのあるギャンブルが楽しめるのです。
しかも、ギャンブルなので、実際にお金をチップに替えて賭けることができます。
勝てば、しっかりと配当金も戻っで来るので。その魅力にハマってしまうのです。
カードゲームのバカラやブラックジャックになると、ライブカメラで相手の女性ディーラーが挑戦的に勝負をいどんでいるきますので、闘争心はさらに加速してきます。

でも、こんなに多くのオンラインカジノのファンがいるのですが、日本で自宅でプレイすることは問題にはならないのでしょうか?
オンラインカジノが好きな人になると、電車の中やカフェでもプレイしているかもしれません。
それでも問題はないのでしょうか?

日本で認められているギャンブルは?

日本で認められているギャンブルと言うと、競馬・競輪・競艇くらいなものです。
意外や意外、あの身近にあるパチンコでさえ、厳密に言えば賭博罪にあたるのです。
それなのに、オンラインカジノは大丈夫なのでしょうか?

パチンコで捕まらない所に理由がある

オンラインカジノの心配をする前に、より私達に身近なパチンコでプレイしているのに、賭博罪にならないのか?
不思議ではありせんか?
それは3店方式による換金をしているからです。

お客(プレイヤー)がパチンコ店で勝ったなら、景品を渡すだけです。
しかし、その景品は別の店舗で買い取るという方式で、賭博罪が逃れているのです。
極めてグレーゾーン的な方法で成り立っているのです。
このようなことは、オンラインカジノでも言えることです。

賭博罪が成立するための条件が揃っていない

賭博罪が成立するためには、カジノの運営者である胴元と、そこで実際に賭博に参加している人の両方を摘発しないとダメなのです。
しかし、オンラインカジノの場合、プレイヤーは海外のサイトにアクセスして、ギャンブルに興じています。
これは日本国内にカジノを運営している胴元がいないのです。

このようなことから、オンラインカジノでギャンブルをしても、賭博罪にはならないのです。
オンラインカジノは合法的ではないにしても、取り締まる法律がなく、グレーゾーン的な存在なのです。
そのために、パチンコと似ているのかもしれません。

海外でライセンスを取得し運営

オンラインカジノで有名なベラジョンカジノは、マルタ共和国という国のライセンスを取得しています。
カジノの専用サーバーを設置する国でチキンと認可を取る必要があるのです。
他のオンラインカジノでも、許可国でライセンスを取り、その地にサーバーを置いて運用しています。
日本からオンラインカジノでプレイすることは、実際にはその国に行って遊んでいることと似ているわけです。
この時は帰国しても賭博で捕まることはありません。
自宅にいるにしても、インターネットというか手段で海外で、ギャンブルをしていることも同じ解釈なのです。

安全なオンラインカジノを見極めるために

しかし、ここで注意しなければならないことは、日本国内にカジノのサーバーがあったり、オンラインカジノをベースに国内で日本人が胴元をしている賭博場でプレイをしないことです。
この場合は間違いなく賭博罪が適用されます。
このようなことにならないためにも、オンラインカジノの見極めが必要なのです。

見極めのポイント

・ライセンスを取得している運営者か?

カジノを運営できる国の政府から、オンラインカジノのライセンスを取得して経営をしているかどうかが、まず基本的な見極めポイントです。

・オンラインカジノのサイトで利用されているソフトが安心できるものかどうか?

オンラインカジノでは、クリプトロジック等、信頼できる会社のソフトウェアを利用しているかも大きな見極めポイントになります。

・オンラインカジノを管理監している外部機関への登録の有無

外部機関へ登録されているかどうかは、そのカジノの信頼性を大きく左右します。 
ペイアウト率の情報公開や胴元のプロフィール等も明確に記載されているかも公正な判断指標となります。

・決済が海外でできること

これも大きな点で国内で決済することは、より違法性を高めてしまうことになりかねませんので、現地での決済ができることが条件となります、

自分で身を護って遊ぶ

この他にオンラインカジノでプレイするにしても、自分の実績や感想をブログやTwitterに載せたくなります。
しかし、できるだけ個人を特定されるような情報公開は避けるぺきです。
そうすることによって、少しでもリスクをなくして楽しむことができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。