クレジットでチップを購入する場合

クレジットカードで入金ができるオンラインカジノ

オンラインカジノが日本でも広まってきている現在、オンラインカジノにクレジットカードで入金をすることができます。
以前までは、オンラインカジノへのクレジットカードでの入金はとても難しく散々だったのですが、カジノのプロセシング技術が向上することによって、制約率が上がっています。

クレジットカードを使っての入金は、インターネット上で取引ができて通常のネットでの決済と同じように使えます。
とても手軽でスピーディーですし、初めての方でも抵抗がないので、入金方法として人気があります。

使える時とそうでない時がある

クレジットカードで入金ができる様になってきたオンラインカジノなのですが、それでもまだカードが使える時とそうでない時があります。
カジノ側に原因があることが多いですので、その場合どうしてもクレジットカードで入金をしたいなら、カジノを変えてみるようにしましょう。

同じカジノグループの場合は同じようにカードが使えない可能性が高いですので、別のカジノグループに登録をしましょう。

認証サービスが表示されたらどうする?

クレジットカードでの入金の際に、認証サービスが表示されることもあります。基本の支払い情報のほかに、こういったサービスが表示されることもありますので、パスワードやIDをその際には入力しましょう。
入力に必要とされる情報はカード会社によって異なりますが、入力しないことには入金に進めませんので、分からない場合はカード会社に問い合わせる必要があります。

クレジットカードを使う場合は履歴を確認

オンラインカジノへの入金で、クレジットカードで入金している場合であれば履歴が残されます。
現在残されている履歴などを調べて、クレジットカードをどれくらい使っているのか確かめながら、オンラインカジノで遊ぶのも大事なことです。

特に考えたいポイントとして、お金を無駄に使っている可能性があること、そしてクレジットカードの支払いができないほど利用している可能性があることを把握しておくのです。

クレジットカードは無駄遣いが多くなりがち

オンラインカジノでクレジットカードを利用している人は、無駄遣いをしている可能性があります。
予定していたよりも多くのお金をオンラインカジノに入れてしまい、気づいたら支払いができないほどクレジットカードの支払いが待っていたなんてこともあります。
そうした問題を避けるため、まずはクレジットカードの履歴を見ておくのです。
現時点でどれくらいの金額を使っているのかを調べて、問題がなければオンラインカジノへ入金すると考えます。

もし、オンラインカジノへ入金が多くなっていると判断されるなら、まずはオンラインカジノへの入金を避けてください。
クレジットカードの履歴から、これ以上利用すると支払いが難しいと判断される場合には、なるべくクレジットカードを使わないようにします。
オンラインカジノで遊びたい気持ちはわかりますが、我慢をしてクレジットカードの利用を制限していくことも大事なのです。

利用明細でクレジットカードの利用を制限しよう

利用明細を見ていると、オンラインカジノへ入金している情報がわかります。
この利用明細をしっかり確認して、できる限り問題のない支払いができるようにしましょう。

オンラインカジノへ入金する場合は、海外での利用となりますので、同じ金額を入れていてもクレジットカードの支払いは変わります。
レートが高い日に入れてしまうと損をしてしまい、レートが低い時に入金すると得をしているのです。
クレジットカードの利用明細を見ていると、その日のレートが書かれる場合もあります。
このレートと現時点で合計している支払い額を確認してから、オンラインカジノへの入金を検討してください。

クレジットカードであれば、色々な履歴が簡単に見られるため現時点でオンラインカジノへ使っているお金も把握できます。
全ての金銭を把握できたところで、最終的にクレジットカードでの入金を行ってもいいのか、よく考えてから決断してください。

クレジット入金は払い戻しが問題

クレジットカードの入金は非常に手軽でスピーディーなのですが、問題は払い戻しです。
クレジットカードの入金では、無事に入金をすることができたとしても払い戻しの手段を考える必要があります

昔は外貨小切手などを使用して払い戻しをする方法がありましたが、時間もかかりますし手数料も高いので、現実的な方法でありません。
多くのカジノでは、電子決済サービスであるエコペイズが推奨されているので、こちらのエコペイズを利用しましょう。

クレジットへの払い戻しについて

以前まではクレジットカードへの払い戻しを行っているカジノも多く、払い戻してもらうことができました。
しかし、今はほぼ全てのカジノでそれができなくなってしまいました。
イギリスのブックマーク系では一部クレジットカードへ払い戻しという形をとっているようですが、そもそもこういった方法はカード会社に目をつけられてしまうので、おすすめできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。